クレジットカードの限度額

クレジットカードの限度額の審査

クレジットカードの限度額はカード会員個人個人の信用度をカード会社が審査し、個別に限度額を設定しています。限度額はクレジットラインとも呼ばれており、審査する基準は日本クレジット産業協会が1991年に提唱した事項に基づいています。

クレジットカードの契約を結んだばかりの会員や、年齢が比較的若い人の限度額は低めに設定するようです。

クレジットカード発行後は、カードの利用状況や返済姿勢をチェックされます。各社で共通しているブラックリストも勿論しらべますが、今までクレジットカードを使っての利用頻度や場所、返済に問題がなかったなどは限度額引き上げの審査対象です。

スコアリングシステムという方法で各社の審査は行われています。
これまでの事例から返済に問題がなかった人物の傾向を割り出し、申し込んできた人を評点形式で点数づけをします。例えば、キャッシング会社の評価が高くなる人物像は、家持ちの既婚者で、勤め先が安定しており一定の勤続年数がある人です。審査結果が高ければ、限度額はそれだけ高額です。

限度額を上げて欲しいと思った時、これまでの利用で特に返済を滞らせたことがなく、一定の利用頻度があれば問題はありません。電話で直接限度額アップの依頼をする方法も一般的です。この時、限度額引き上げの理由をキャッシングと述べると印象が悪くなるかもしれませんので、利用はショッピングのためとでもしておきましょう。